ピカソの世界観を基に建てられた「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」

 スペインのビルバオ市に建てられた「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」はその独創的な外観が印象的なコンテンポラリーアート専門の美術館です。

 建築家フランク・O・ゲーリーによって設計され、1997年にオープンされた比較的歴史の浅い新しい美術館なのですが、その独創的な外観はピカソの「アコーディオンを弾く人」をモチーフにして造られたそうです。

 また、正面には「パピー」と呼ばれる巨大な犬のオブジェが建てられており、その美しく、派手な色合いが目を引きます。

 このような蜘蛛(?)のオブジェもあります。

 

 上記動画は「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」のバーチャルツアー映像です。
 こちらを観れば実際に「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」へ行った気分を味わうことが出来るかと思います、たぶん・・・^^;。

関連記事

ページ上部へ戻る