ピカソ=天才ビジネスマン

歴史上最も経済的に成功した画家といえばスペイン生まれの画家パブロピカソをおいて他にいないのではないでしょうか?

遺産は日本円で7500億円と言われており、貨幣価値の低い国の紙幣を手にするよりもピカソに紙切れを渡したほうがよほど価値が出ると言われるほどでした。

ピカソは普段は小切手で買い物をしていたのですが、お店側は世界一の画家ピカソのサインの入った小切手を換金するなんてもったいないことはせず、大切に取っておいたそうです。

もちろんお店側が小切手を換金しなければピカソはタダで買い物が出来ることになります。

ちなみに欧米では絵画=投資の対象みたいな考えがあるらしく、それもあってピカソの作品はとてつもない額がついていったのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る