モナリザって誰???

裕福な絹商人(後に政府の役人になった)FRANCESCO de GIOCONDOの妻リサをダヴィンチが肖像画として描いたとFRANCESCO氏の息子が主張されました。

モナリザは1479年フィレンチェ生まれ。

MONAとはLADYという意味です。
なのでMONA LISAとはLADY LISAという意味になります。

リサは5人の子供の母でして肖像画は息子アンドレアの誕生を祝って製作されました。

*上記の説も含め、モナリザが誰なのかについては確固たる証拠がありませんため、FRANCESCO de GIOCONDOの妻リサがモナリザだという説も本当かは分かりません・・・。あくまで仮説の一つとご理解いただけましたら幸いです。

モナリザは1503年から1506年にかけて製作されたと言われ、現在パリのルーブル内の7億ドルかけて作られた部屋に防弾ガラス付きで展示されています。

関連記事

ページ上部へ戻る