ダヴィンチの肖像画は本当にダヴィンチ?

ダヴィンチの肖像画についての考察です。

 

赤チョークで描かれている為にダヴィンチの肖像画は非常にデリケートであるために普段は一般公開されていませんが、Leonardo and the Treasures of the King,” イタリアのTurin,Royal Libraryにて内部の温度などをコントロール、常時測定できる額縁に入れて展示されたことはあります。

 

ちなみにダヴィンチの自画像を見ると超能力を授かるという都市伝説もあったりします(笑)。
第二次世界大戦中にヒトラーがその噂を聞きつけて、ダヴィンチの自画像を手に入れようとしたためにナチスの手に渡らない秘密の場所に隠されました。
ヒトラーは画家を目指していただけあってダヴィンチの自画像にも興味があったためにそれを手に入れようとした可能性は否定できませんが、都市伝説っぽさは払拭できません。
特に超能力の件は・・^^;。

 

ただその第二次世界大戦中にダヴィンチの自画像が移動させられたのは本当らしく、それのせいで痛みやすいデリケートな作品の劣化がその過程で進んでしまったようです。

 

現代ではダヴィンチのデリケートで傷つきやすい自画像を修復できるかもしれない技術も開発されたと聞きますが。

 

肖像画に関しましては60歳ごろにダヴィンチが描いた自画像だと言われていますが、定かではなく、もっと若い頃のダヴィンチの作風っぽいという意見もあります。
一応は文献などに登場するダヴィンチの特徴とは一致しますが、これがダヴィンチだという確証はなく、他の人が書いた説や若い頃のダヴィンチが年老いた自分を想像して描いた説などもあります。

それにしても67歳でなくなったダヴィンチが60歳で描いたにしては肖像画は老けすぎているように思います。

 

晩年になって右手が麻痺するような病気を抱えたことからそれが外見にも影響を与えたのかも?

関連記事

ページ上部へ戻る